COLUMN

コラム一覧

  • YTJの活動にご参加の皆様
    ならびに公演情報サイトにアクセスくださった皆様
    いつもありがとうございます!

    今夏、上演しました
    世界を体験できる極上のエンターテイメント!
    “WORLD MUSIC”が
    9月1日を持ちまして
    中部、関東、関西
    全公演 終演いたしました事をご報告させて頂きます。

    WORLD MUSICを観劇して下さった皆様、
    出演メンバー、ご協力頂いた保護者の皆様
    スタッフ、たくさんの応援いただいている皆様に
    深く感謝申し上げます。

    子供達、若者達の笑顔をたくさんの人に届けて
    社会に貢献したい
    未来をもっと明るく!
    そんな思いで今年の夏のミュージカルを
    全員で創ってまいりました。

    人生と同じで
    WORLD MUSICはまだまだ続けて行きたいと思います!

    次回お会いできる時は、
    益々グレードアップした姿をお見せできるよう
    1日1日を大切にしたいと思います。

    本当にありがとうございました!!

    WORLD MUSIC 2019
    プロジェクトマネージャー 豊田
    プロジェクトチーム 一同
    2019.9.18.

  • ALICE IN Wonderland2019、関東関西全17公演が無事に終了いたしました。


    満員御礼となる公演も多く、
    多くの方にご来場、ご観劇いただき
    誠にありがとうございました。


    また、出演いただいたメンバーの皆様、
    サポートいただいた保護者の皆様、
    素晴らしい公演を一緒に作りあげていただきましたこと
    心より感謝申し上げます。


    終演後、観劇いただいた皆様より
    多くの前向きな感想をいただきました。
    同時に、さらなる発展と飛躍に向けた改善点も
    多くお声をいただいております。


    今後もメンバー達ひとりひとりが
    より素晴らしいパートナーシップの力を
    体現できるような公演作りを目指し
    新しい感動を生み出せるよう邁進してまいります。

    ALICE IN Wonderland 2019 プロジェクトチーム 2019.9.12.

  • 2019年夏公演が終了いたしました。

    ご来場いただきました全ての皆さまへ感謝申し上げます。

    ジョセフの旅は続きます。

    どうぞお楽しみに!


    ジョセフ2019プロジェクトチーム

  • 関西公演が好評の中幕を下ろし
    いよいよ、8月31日㈯ より横浜YTJホールにて関東公演が開幕いたします!

    上演期間
    2019年8月31日~9月1日まで。

    ジョセフの公演を通して
    出演者、スタッフ全員で分かち合った想いがあります。

    - 信じるということ -
    皆さんの中には、既に登場人物たちが生きています。それを信じてください。

    - 託すということ -
    自分だけで頑張らず、周りの人たちに想いを託してください。素晴らしいカンパニーが皆さんを包んでいます。

    - 愛するということ -
    既に愛に溢れているカンパニーです。作品を、キャストの皆さんを、演じる人物たちを、そしてこれからお会いするお客様を愛して下さい。

    仲間たちを「信じ、託し、愛そう。」


    8月30日、舞台稽古が無事終了しました。
    キャスト・スタッフ一同お待ちしています。
    一番良いものをお届け出来ますように。


    舞台芸術の最後のピースは、お客様。

    ジョセフ出演者全員が魅力満載でお届けいたします。是非ご覧くださいませ。


    ジョセフ2019プロジェクトチーム

  • YTJのロングランミュージカル「Joseph and the amazing technicolor dreamcoat」
    関西公演がいよいよ8月17日に開幕します!

    全曲セリフを楽曲にのせ
    歌い物語が進行していく、 ”オペレッタ形式” ミュージカル。

    この物語は、困難という壁にぶつかった時、Josephの「あきらめない姿」を伝えます。

    出演者全員からのメッセージ

    『大きな壁が目の前に立ちはだかっても
    自分にはそれを乗り越えるだけの力がある、
    ということを観る人みんなに、信じ続けてもらいたい。』

    作曲は「キャッツ」や「オペラ座の怪人」を手掛けた稀代の芸術家、アンドリュー・ロイド=ウェバー。
    作詞は「ジーザスクライストスーパースター」や「エビータ」を手掛けた巨匠、ティム・ライス。

    この夏も物語を彩る華やかな楽曲とダンス、全てが観客を魅了することでしょう!

    劇場で皆さまをお待ちしています。
    (本公演は座内公演です。ご観覧には在籍メンバーを通してのお座席券ご購入が必要となります)

    ジョセフ2019プロジェクトチーム

  • みなさん、こんにちは!
    WORLD MUSICプロジェクトチームの伊東です!

    本日はWORLD MUSICに登場する国、インドについてご紹介したいと思います。

    【世界の〇人に1人はインド人?】
    中国と並んで人口が多いことで知られるインド。
    人口数は世界第2位で、なんと日本の約10倍!
    世界の5人に1人がインド人だと言われています。

    同じインドでも、その中には複数の民族が暮らしており、
    使用されている言語は15言語以上だと言われています。
    また、インド全域では1,000以上の方言も存在するそうですよ!


    【インド映画で、ダンスシーンが多いのはなぜ?】
    インド映画というと、ダンスシーンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
    また、インドの映画は「ボリウッド映画」と呼ばれていることでも有名ですよね。
    (ボリウッドという名前の由来は、是非劇中で答え合わせをしてみてください!)

    ダンスシーンが多い主な理由の一つとして、先ほどお話しした、
    インドでは多数の言語が使用されていることがあげられます。
    言葉が通じなくても楽しめる、かつ感情を表現するツールとして、
    ダンスは重要な役割を果たしています。


    【カレーという呼び方は現地の人には通用しない?】
    インドを代表する料理は?と聞かれたら、
    カレー!と答える人が多いのではないでしょうか?
    日本でも家庭の味として多くの人に親しまれていますが、
    インドの中でも「カレー」という呼び方が通用しない地域がある、
    というのをご存知でしょうか?

    元々インドでは、様々な種類のスパイスを使って具を煮込む料理が食べられており、
    使用する材料によって同じ煮込み料理でも料理名を変えていました。
    その料理が世界へ広まった際に、
    スパイスを使用する料理の総称として「カレー」という言葉が用いられた、
    と言われています。
    そのため、今でも「カレー」という呼び方が通用しない地域もあるようです。

    WORLD MUSICではインド以外にも、
    様々な国の音楽やダンス、
    また魅力的なキャラクターに会うことができます。

    一度に世界旅行ができちゃう!?
    そんな体験ができるのはWORLD MUSICだけ!

    皆様のご来場、お待ちしております!

    WORLD MUSICプロジェクトチーム 伊東

  • みなさん、こんにちは!
    WORLD MUSICプロジェクトの三浦です。

    本日はワールドミュージックに出てくる国の1つ、
    イギリスについてご紹介します。


    <イギリスという国は存在しない?>
    皆さんはイギリスの正式名称をご存じですか?
    グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
    なんと世界で一番長い国名です。

    連合国という名前の通り、
    イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの
    4つの独自の文化を持つ地域が集まってできています。

    国土は日本の半分ほどなのに、
    多種多様でとてもユニークですよね。

    <知っているけど知らなかった?>
    ①蛍の光
    皆さんも一度は聞いたことのあるこの曲、
    実は、オールド・ラング・ザイン(サイン) (英:Auld Lang Syne)という
    スコットランド民謡がもとになっています。

    日本では別れの曲として歌われていますが、
    スコットランドでは、友人との再会を祝う歌として、
    誕生日や結婚式で多く歌われています。

    ②学校のチャイム
    キーンコーンカーンコーン~♪という
    馴染みのあるこのメロディ、
    これは首都ロンドンにある、ウェストミンスター宮殿にある時計塔
    ビッグ・ベンの鐘の音からきています。

    ロンドンに立ち寄った際はぜひ
    耳を傾けてみてください!
    <演劇大国>
    イギリスは演劇の本場。
    アメリカのブロードウェイと並んで
    世界2大ミュージカル国の一つです。

    学校でも演劇の授業があり、
    ロンドンはもちろん、地⽅にも、
    歴史のある⽴派な劇場や劇団、
    育成学校が数多く存在するそうです。

    「キャッツ」
    「レ・ミゼラブル」
    「オペラ座の怪人」

    これらはイギリス生まれの作品です。
    どれも世界的に有名なものばかりですね。

    アメリカでミュージカルといえばブロードウェイですが、
    イギリスではロンドンにあるウエストエンド地区に劇場が集まっています。
    公演されている作品数は毎日20以上。

    ロンドンへ行った際には、
    ぜひとも立ち寄りたい場所の一つです。

    WORLD MUSICの舞台では、
    イギリスのみならず、世界各国の音楽、そしてダンスが盛りだくさん!
    どんな作品かは会場に来てからのお楽しみ。

    皆さんのご来場、
    心よりお待ちしております!

    World Musicプロジェクトチーム 三浦

  • 皆さん、こんにちは
    World MusicのプロジェクトチームのNathanです!

    約12か国がWorld Musicのストーリーに出てきます。
    今回のコラムには一つの国を紹介したいと思います。

    情熱の国と言うとどの国を考えますか?

    ヨーロッパの中で1番好きな国のスペインです!

    人生で3回スペインに行ったことがありますが
    「綺麗!楽しい!面白い!」と感動しました。

    「有名なところ」
    バルセロナではサグラダファミリアという教会があります。
    ガウディが生涯をかけて取り組み、130年以上経った
    今でもなお建設を行っている未完成の教会です。
    完成予定は2026年で144年間工事を続けています。
    ユネスコ世界遺産となってスペインが誇る観光地です。
    遠くから見れるタワーの高さは172メートルで
    身長は150cmのメンバーの115倍です。
    見る角度によって景色が違います。
    喜びを表現する角度、寂しさを表現する角度など
    ガウディが表現したかったストーリーは明確に見れます。
    2013年に行きましたがまた2026年以降、もう一回行きたいです!

    「有名な食べ物」
    スペイン料理って何があると思いますか?
    日本でも人気があるアヒージョ、
    バスクというところのピルピル、
    どこでも食べられるタパスなど。
    でも1番好きなスペイン料理はパエリアです。
    皆さま、パエリアを食べたことがありますか?
    米と野菜、肉、海鮮などとスープ、
    色々な味がしている料理です。
    パエリアを炊く人のことを女性だったら「パエジェーラ(Paellera)」
    男性だったら「パエジェーロ(Paellero)」と呼びます。

    「有名なダンス」
    フラメンコってご存じですか?
    スペイン南部のアンダルシアから生まれた伝統な歌、踊りです。
    Cante(歌)、toque(ギター)、baile(ダンス)、jaleoとpalmas(声を出す、手を叩く)、
    pitos(指パッチン)をよくやるダンスです。
    子供の時ちょっとだけやってみました。
    楽しかったですが難しかったです。
    背中の姿勢とかはやっていたバレエ、ジャズと違うので
    すぐ筋肉痛になりました!
    とてもきれいなダンスなので
    皆さまも調べて踊ってみてください!

    簡単ではありますが、スペインの紹介となります。
    もし、皆さまも機会があったら是非行ってみてください!

    World Musicの会場へ、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

    World Musicプロジェクトチーム Nathan Clark

  • みなさん、こんにちは!
    WORLD MUSIC プロジェクトメンバーの若井です。

    突然ですが、『WORLD MUSIC』のテーマをご存知でしょうか?
    ・極上のエンターテイメント
    ・予測を超えた感動
    です!

    YTJメンバー自身が「極上のエンターテイメントを生み出すためには??」
    「予測を超えた感動ってどんな感動??」
    について話し合いをしている姿を見て、胸が熱くなるとともに、
    一緒に素晴らしい舞台を作りたいな!と純粋に思います。

    本日は「WORLD MUSIC」のストーリーを紹介します。

    登場人物は、日本人の兄妹のカイトとハナ、ドイツ人のエルマー
    そして、各国に住んでいる個性豊かなキャラクター達です。

    プログラミング教室に通っているカイトは
    あるきっかけで知り合ったドイツ人のエルマーと仲良くなり、
    カイト、ハナ、エルマーは
    いろんな楽曲を共有することで、
    今まで知らない楽器や、リズムを知ることになります。

    日本にいながら他の世界を体験できることに魅力を感じ、
    インターネット上で音楽の投稿サイト、 『WORLD MUSIC』を立ち上げます。

    そこへ世界中からたくさんの投稿があり、
    カイト、ハナ、エルマーは初めて聴く音楽に魅了されていくのです。

    カイトたちは言語、文化の違いを越えて、何を思い、何を感じるのか...
    また、兄弟の絆や友情、家族愛…など
    ストーリもどんどん展開していきます。

    「シェアすれば世界はもっと近くなるんだ!」

    この夏、劇場にいながら『WORLD MUSIC』で一緒に世界旅行をしませんか?


    詳しい情報はこちら! ⇒ WORLD MUSIC 2019

  • みなさん、こんにちは。

    本日のWeekly Postは
    Joseph And The Amazing Technicolor Dreamcoat
    プロジェクトマネージャーの鳩川からお届けします。

    プロジェクトチームから、関東・関西の出演メンバーに向けて、
    今回初めての試みとして
    メンバー向けビデオレターをお送りしました!

    その中で、直接、Josephという作品についてや、
    レッスンの取り組み方などについてお話しました。

    スタッフの方々から、
    「とても楽しんでビデオレターを見ていた!」
    というお話を伺いこれからも続けていけたらな、と思っています。

    このビデオレターが、
    メンバーにとってJosephを深く知りたいと思えるきっかけになれば、と思っています!

    また、スタッフとしても、このようなやってみよう!新しいことをしてみよう!と、
    提案できる環境に素敵だなと、感じています。

    先週からキャスト対象のリハーサルもはじまり、その環境を今度は私がつくる番。
    夏クールももう少しで終わります。
    体調に気を付けて本番までみんなで頑張っていきたいと思います!

    Josephプロジェクトマネージャー 鳩川

  • 今回は「THE HATTER」を演じるキャストをご紹介いたします。


    関東公演:中村 悠正(ナカムラ ユウセイ)

    THE HATTERは昨年に引き続き、2度目の挑戦です!
    昨年の経験を活かし、より素晴らしいパフォーマンスができるよう精一杯頑張ります。
    不思議の国では愉快でコミカルなキャラクターがたくさん暮らしていますが、
    僕はその中でもHATTERには魅力を感じています。
    派手な見た目とは裏腹に、不器用さと誠実さを秘めたHATTERの繊細さを表現したいです。
    この夏、観客の皆様を不思議の国の世界へと誘います!ぜひ会場までお越しください。


    関西公演:大谷 涼馬(オオタニ リョウマ)

    THE HATTERを演じることが決まりました、大谷涼馬です!
    THE HATTERはALICE IN Wonderlandの中で重要なキャラクターで、
    挑戦できることを心から嬉しく思っております。
    THE HATTERは派手な見た目とは裏腹に、
    自分の気持ちをストレートに伝えられない不器用な一面もあります。
    その姿を見に来てくださるお客さんに届けることができるよう、精一杯頑張ります!


    関西公演:青森 航平(アオモリ コウヘイ)

    今回、THE HATTERを演じることになりました、青森航平です。
    昨年はTHE CHESHIRE CATを演じましたが、
    今年はまた新たな役どころにチャレンジすることになり、緊張もしています。
    自分なりにTHE HATTERというキャラクターへの理解を深め、たくさん研究し、
    今年のALICE IN Wonderlandを大いに盛り上げることが出来るよう、
    頑張っていきたいと思います!


    次回のメインキャスト紹介では、「THE CHESHIRE CAT」を紹介いたします。
    公式Instagram(@ytjalice)も要チェック!
    随時情報をアップしていますので、こちらもぜひご覧ください。


    制作運営本部 ALICE IN Wonderland プロジェクトマネージャー 榊

  • Today's column will introduce you to our next character, THE HATTER!


    THE HATTER, a fashionable and stylish lover of hats, is one of the most unique characters in Wonderland. His favorite activity is hosting tea parties, which are famous throughout all of Wonderland. After ALICE arrives in Wonderland, she is struck by his charming and trustworthy nature when they first meet at his tea party, attended by all of the inhabitants in Wonderland. They treat ALICE like a true VIP. Since THE HATTER is a true tea expert, he shows her the proper way to drink a cup of tea, with your "ELBOWS DOWN AND PINKIES UP"!

    Following his curious nature, he asks ALICE about her story and how she ended up in Wonderland. After she tell's him that she is lost, and would very much like to find her way home, he encourages her that being lost is not such a bad thing. He teachers her that you can experience many new and exciting things whilst seemingly lost, and to "BELIEVE IN ALL THE POSSIBILITIES" that life has to offer.

    Whilst many of the inhabitants of Wonderland are scared of THE QUEEN OF HEARTS, THE HATTER seems to have a different perspective. He invites THE QUEEN OF HEARTS and THE KING OF HEARTS to have tea with him, where he even asserts that she is a good person. THE HATTER is very good at understanding people, and he teaches ALICE a very important lesson. He says that what people portray on the outside is often not what is on the inside, they may play a mean character, but their heart is often a different shape.

    I hope you have enjoyed reading about THE HATTER, and are looking forward to learning about the other mysterious characters of Wonderland.


    ALICE IN WONDERLAND Project Team, Nathan Clark.

  • 先日メインキャストの座内オーディションが実施され
    ALICE IN Wonderland 2019に出演するメインキャストが確定いたしました!

    今回はALICEを演じるキャストをご紹介いたします。


    関東公演:永島 楓月(ナガシマ カルナ)

    今回関東公演のALICEを演じることになりました、永島楓月です。
    昨年はDORMOUSEを経験しましたが、今年はALICEということで、私にとって新しい挑戦です!
    ALICEという役柄を精一杯務めることもそうですが
    カンパニーの仲間たちと一緒に成長できるよう頑張ります。
    この夏、皆さんと会場でお会いできること、楽しみにしています!


    関西公演:福海 風歌(フクミ フウカ)

    初めてキャストとしてミュージカルへの出演が決まり
    緊張とワクワクでいっぱいです!
    台本を読んだときに、ALICEに対して
    「自分の意見も尊重したい、でも周りの人の話もよく聞きながら
    皆のことをよく考えている優しい女の子」という印象を抱きました。
    今まで経験してきた歌唱やダンス、演技を活かせるよう頑張ります!


    関西公演:鈴木 史乃(スズキ フミノ)

    ALICEを演じるのは今回が初めてなので、とても緊張しています。
    ALICEと聞くと、「優しい、可愛い、天然」という
    女の子らしいイメージを思い浮かべる人が多いかと思いますが
    私の中では「好奇心旺盛で、自分に自信を持っている」という活発なイメージもあります。
    自分なりにALICEという役柄と精一杯向き合い、たくさんの人に感動を届けていきたいです!


    次回のメインキャスト紹介では、「THE HATTER」を紹介いたします。
    また、公式Instagram(@ytjalice)がオープンいたしました!
    随時情報をアップしていますので、こちらもぜひご覧ください。


    制作運営本部 ALICE IN Wonderland プロジェクトマネージャー 榊

  • YTJのロングランミュージカル「Joseph and the amazing technicolor dreamcoat」
    本年度の全ての出演対象者の座内オーディションが終了しました!

    全曲がセリフを楽曲にのせて歌い物語が進行していく ”オペレッタ形式” のこのミュージカル。
    初演は1968年、15分の短編としてロンドンで上演。
    イギリスのWest End やアメリカのBroadway、
    世界 80か国以上の国でツアーが行われ、たくさんの人々に愛されてきました。

    子供の夢、大人になってからの夢、年齢や立場、環境が変わっても
    人はそれぞれが夢を見続けます。
    もしも困難という壁にぶつかった時、Josephは「あきらめない姿」を伝えます。

    作曲は「キャッツ」や「オペラ座の怪人」を手掛けた稀代の芸術家、
    アンドリュー・ロイド=ウェバー。
    作詞は「ジーザスクライストスーパースター」や「エビータ」を手掛けた巨匠、ティムライス。

    この夏も物語を彩る華やかな楽曲とダンス、衣裳、その全てが観客を魅了することでしょう!


    次回は、
    Joseph and the amazing technicolor dreamcoat 登場人物をみなさんへご紹介します。


    Joseph and the amazing technicolor dreamcoat is one of the world’s most beloved family musical.
    The reason why we should play this musical in Japan in YTJ is one of the play’s theme "Any dream will do"
    the members of YTJ who have a lot of dream can show you how beautiful having a dream is.
    they can show it in amazing way, singing dancing and acting.
    Don’t miss the chance to watch a dream coming true.
    Please look forward to the next column!
    Thank you.


    Youth Theatre Japan
    Joseph and the amazing technicolor dreamcoat 2019 creation team
    HATOKAWA

  • Today’s column will introduce you to our main character, ALICE!

    ALICE, a young girl with a wildly curious nature, finds herself spiraled into a topsy-turvy world called Wonderland, a place full of wonder, mystery and magic.
    ALICE is sweet, gentle, kind and courteous, with a great love and acceptance for the many and different creatures she meets in Wonderland.

    The CHESHIER CAT introduces ALICE to the mystery of Wonderland, and at first Alice is cautious and feels lost, but she manages to find her own inner-strength and self-perseverance to keep going.
    After attending tea parties hosted by THE HATTER she makes many friends, and the inhabitants of Wonderland fall in love with her. After experiencing all of the mysteries of Wonderland, she begins to feel at home.

    Life in Wonderland is not without hardship, with the QUEEN OF HEARTS jealous of Alice’s popularity amongst the others, often screaming “OFF WITH HER HEAD!!”
    However, after a while it seems that even the QUEEN and KING OF HEARTS begin to accept ALICE.

    ALICE describes her time in Wonderland as if it were a very strange, and wonderful dream, and she will miss her friends in Wonderland as she tries to find her way home.

    I hope you have enjoyed reading about ALICE, and are looking forward to experiencing the crazy world of Wonderland alongside her.

    ALICE IN Woederland Project Group Nathan Clark 2019.6.4.

  • みなさんこんにちは。 Youth Theatre Japan(YTJ)の活動にご参加の皆様 ならびに公演情報サイトにアクセス下さる皆様 いつもありがとうございます! WORLD MUSIC プロジェクトマネジャーの豊田から、お送りします。   今夏、上演予定の 世界を体験できる極上のエンターテイメント! “WORLD MUSIC”   このWORLD MUSICを通して 皆さんが 明日も、頑張ろう! 元気になった! 実際の国に行ってみようかな! と思ってもらえるよう (心を動かせるよう) 全員で良い作品にしたいと思っています。   この夏、繰り広げられる 熱い熱い夏をどうぞ皆様お楽しみに!!   制作運営本部 World Musicプロジェクトマネージャー 豊田

  • みなさん、こんにちは。

    本日はYTJのオリジナルミュージカル、
    「ALICE IN Wonderland」の客席について紹介いたします。

    YTJのALICE IN Wonderlandでは
    会場内前方に向かって正面のフロントステージ、後方バックステージ
    両サイドのサイドステージと、合計4つのステージを設営。
    それぞれのステージをつなぐように、十字型の大きな花道が作られています。

    観客の皆様には、より臨場感あふれる演出を体感してもらうために
    会場内の中央、花道を向くように両サイドに客席を設置。

    華やかな衣装に身をまとった、個性豊かなキャストやキャラクターたちが繰り広げる
    摩訶不思議なALICEの世界観を、目の前でお楽しみいただけます。

    目の前に来たキャストからは、声を掛けられたり、一緒に踊ったり…
    何が起こるかわからないドキドキをぜひ会場で体験してください。

    普段のミュージカルとは一味違った、YTJの新しいミュージカル。
    今年のALICE IN Wonderlandも、ぜひお楽しみにしてください。

    制作運営本部 ALICE IN Wonderland プロジェクトマネージャー 榊

  • ALICE IN WonderlandはYTJのオリジナルミュージカルです。

    『カラフルで、ビビットで、摩訶不思議!』
    本公演では、個性的でユニークなキャストやキャラクターが360度客席を取り囲む
    体感型のエンターテイメントをお楽しみいただけます。

    名曲が紡ぐ、臨場感たっぷりのジュークボックスサウンド。
    四方八方からキャストが飛び出し
    様々なエンターテイメントが次々に繰り広げられる様子は
    まさに、新感覚のミュージカル。

    女王様の命令に従って国民的ダンスを踊ったり
    ”青いリボン”をつけているあなたもALICEになれるかも…?

    時に切なく、時に甘く、お茶会は不思議の国の住民全員で大騒ぎ。
    一度”体験”したら、きっと不思議の国の虜になります。

    詳細は特設サイトにアップされていきますので
    今度の続報にもぜひご注目ください。

    制作運営本部 ALICE IN Wonderlandプロジェクトマネージャー 榊

  • 本日のWeekly Postは、ミュージカル紹介第2弾!
    世界を体験できる極上のエンターテイメント!
    “WORLD MUSIC”のご紹介です。

    本公演は、世界各国のあらゆるジャンルのダンスと
    観劇を超える、異文化体験を通して
    まるで世界を旅しているかのような感覚をお届けいたします。
    新たな発見や自身の世界観を広げ世界各国への大きな繋がりとともに
    個性豊かな子供たちが、大切な経験を経て、一歩大人になる、等身大の成長ストーリです。

    メンバーたちが作り出す、極上のエンターテインメントです!
    特設サイトも是非ご覧ください。

    制作運営本部 World Musicプロジェクトマネージャー 豊田

  • 劇団|Youth Theatre Japan は、国際的な団体からのイベント出演依頼に積極的に応じています。 直近では、日星国交50周年を記念した大使館主催のイベントSJ50MATSURI『シンガポール公演』や、8万人の観客動員を誇るカナダ最大のアジア文化発信イベント Japan Festival Canada 2017『トロント公演』 にゲストとして出演しました。 過去にも、アメリカのランドマーク的な劇場であるカーネギーホールにおける『ニューヨーク公演』や、中国の国家重点大学に名を連ねる復旦大学とのコラボレーションを実現した『上海公演』など、様々な国際活動を展開しています。

  • 劇団|Youth Theatre Japanは、日本最高峰の劇場で公演活動を行っています。2015年には新国立劇場において、チャールズ・ディケンズ不朽の名作 A Tale of Two Cities を原作とした壮大なブロードウェイミュージカル『二都物語』を上演しました。 また、累計20,000名を超えるダンサー・コレオグラファーが集結する日本最大級のダンスの祭典Japan Youth Dance Festival 2018(2018年4月開催)の全国大会が、梅田芸術劇場の全面協力のもと、メインホールにて盛大に開催される予定です。

  • 劇団|Youth Theatre Japan は、adidasをオフィシャルパートナーに迎え、オリジナルグッズのプロデュースを行っています。 歌やダンスのレッスン、ミュージカルやコンサートのリハーサル・本番、長距離の移動を伴う遠征・イベント出演など、多方面で活躍するパフォーマーの活動をサポートし、その能力を最大限に発揮できる環境を整えることを目的としています。 その機能的かつスタイリッシュなラインナップは、劇団所属メンバーに限らず、近日中に一般販売も開始される予定です。

  • 記事掲載:「世界で活躍する日本の若者」が教えてくれた大切なこと